行政書士の仕事

行政書士の仕事の進め方を知りたい!

行政書士の仕事のことを知りたいみなさんは、
行政書士の活躍できるフィールドがどれほど広いかご存じですか?
ほかの国家資格者、たとえば税理士ですとカバーできる業務は企業の
税務サポートだけですし、社会保険労務士さんも主に手掛けるのは社会保険です。
ところが行政書士という国家資格というのは、扱うことのできる対象業務が驚くほど
広いのです。

代表的なものを数え上げてみましょう。

◎建設業許可 
◎医療品製造販売許可 
◎会社設立 
◎学校法人設立 
◎NPO法人設立 
◎風俗営業許可 
◎自動車関連 
◎国際業務 
◎農地法関係 
◎相続・遺言 
◎産業廃棄物許可
◎土地利用

実はこれでもまだ極々一部です。
一般に、行政書士が扱うことの書類は10,000種類を越えるといわれています。
時代を反映してか、最近では離婚問題や成年後見制度を専門に活躍している
行政書士も少なくありません。
国家資格は数々ありますが、これだけいろんな角度から仕事を発掘できる資格は
行政書士以外にはまず見当たらないでしょう。
アンテナを高く立て広く世の中を見渡してみると、みなさんにもやってみたいと思える対象業務が必ず出てくると思います。

そのよう対象分野が広いという背景から、行政書士は専門分野をいくつかにしぼり、
その分野のことを勉強し続けて自分の得意分野を作っていきます。

対象分野の絞り方にもAとB、2つの傾向があります。
Aタイプの行政書士は、対象業務を1つか、せいぜい2つしか持ちません
。いわゆる「専門特化型」ですね。
このタイプに多い行政書士とは、それまで医薬品メーカーですとか化粧品メーカーに
勤務をしていた人などです。
かつての経験を活かし製造販売許可の申請等に特化をして仕事をする
やり方ですね。
このタイプの展開は、顧客との信用が築かれると仕事依頼がリピートしてくれるので、それほど営業努力がいらないのが特長です。
コンテンツ等の著作権を扱う私も、どちらかといえばAタイプかもしれません。
もちろん意欲ある方が、これまでまったく経験のない分野に飛び込んでいくことも
十分に可能です。

 

一方Bタイプの行政書士は、対象業務を5つ6つは持って活動しています。
飲食店や理容院などの営業許可、車庫証明、内容証明郵便、相続・遺言などなど
掛け持ちするのがBタイプの書士さんです。
人と積極的に交流するのが得意な方や、市民のよきアドバイザーになりたい人
助け派の方でしたら、Bタイプの展開は面白いでしょう。

行政書士にはやれることがたくさんありますし、その展開方法にも、
個人の指向やアイディア次第でさまざまな可能性があります。