行政書士の独学

独学でも合格できるかどうか知りたい!

行政書士の勉強をはじめる人の多くが気にすることの一つに、
独学で合格できるかということがあります。
独学なら書店で書籍を購入してくれば今日からでも学習を始められます。
何か手っ取り早い感じもします。
大学受験も予備校に通わずストレートで合格された方なら、独学の難点のひとつと
いわれる「モチベーション維持」の問題も難なく越えていかれるのかもしれませんね。

●市販のテキストには、「合格に必要・十分な情報」の教材が少ないです。
しかし国家試験の勉強には、学校受験のそれのようにはいかない、
大きな落とし穴がひとつあります。
それは市販の教材には、行政書士に合格するために必要な情報が、
「必要かつ十分なだけ揃った教材が少ない」ということです。
たしかに「この内容が全部頭に記憶・整理できたら合格できる」という市販テキストは
いくつかあります。
しかしそういう書籍は得てしてページ数がとんでもなく膨大です。
働きながら1年間の勉強くらいでは、大半の方には、
とても十分消化できる代物ではありません。
私の経験談にはなりますが、そのような市販書は合格した後に見返してみると、
編集のされ方も散漫であることがわかってきます。

行政書士の市販教材には、資格の予備校が出版しているものもたくさんあります。
「有名予備校の本なら安心」と、ありがたがって独学するのが失敗例の典型です。
よく考えてみれば当然なのですが、予備校にしても市販の書籍だけで
合格されてしまっては、かえって受講生を減らしてしまうことになります。
そのためあえて市販書だけでは試験に合格できないよう、
力を入れて編集していないのが市販書の現実なのです。
いくらみなさんの能力が高くても、独学では、
遠回りをしてしまう結果にしかなりません。

 

●なるべく少ない勉強量で合格を目指す。それが専門学校や通信講座の方針です。
もちろんクオリティーにはそれぞれ差がありますが、それでも専門学校や
通信講座の教材は、市販書に比べるとずっと合格しやすい教材になっています。
各校、合格実績をもとに受講生から品定めをされるわけですから当然ですね。
多くの専門学校や通信講座の教材の特長は、学習量を合格に必要・十分なだけに
コンパクトにまとめ、受講生の負担を減らしていること
です。
行政書士に受かってもらうことが目的ですので、「試験問題の70%を得点できる力」
を、なるべく少ない時間で養成するのが、通信講座等の経営方針なのです。

専門学校・通信講座VS独学では、このよう歴然としたハンデがあります。
仕事が忙しくてスクールに通う時間が取れそうにないという方も、
少なくとも通信講座だけは利用することだけはお薦めします。